ふぐ珍味の原点

松浦商店


この度は、松浦商店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

松浦商店(前:松浦龍瑞商店)は創業者であり父である松浦龍瑞が山口県の水産試験場(現:水産研究センター)に相談に行ったのがすべての始まりでした。

その時、龍瑞は「松浦さん、ふぐの刺身・鍋はあっても土産がない。貴方がつくってはどうか」と持ちかけられました。

その特殊性から誰も加工を手掛けていなかった「ふぐ珍味」を、龍瑞が水産試験場のアドバイスを受けながら、苦難の末、見事、商品化を実現させました。

当時、地元では誰からも相手にされなかった龍瑞の商品でしたが、逆に都会では反響を呼び、全国水産品品評会に出品したところ、高い評価を得ることとなりました。

それ以降、松浦商店のふぐ珍味は、農林大臣賞や水産庁長官賞など数々の賞を受賞しております。

今ではおなじみの、焼きふぐ、ふぐ茶漬、ふぐ雑炊、ふぐ味淋干、ふぐ燻製(生ハム)等々、当店が開発したふぐ珍味は、今や全国各地にて生産されるまでとなりました。

「ふぐの皮刺」もお馴染みですが、50年前に売り出したときは画期的なことと話題になりました。

ここに松浦商店が、ふぐ珍味ならびにふぐ加工品の原点であることを宣言し、その誇りを忘れずに製品つくりに励むことをお約束いたします。

有限会社 松浦商店 
代表取締役 岡村英子